プロパノータ wrote

PROPA NO-TA

– プロパンボンベでつくるリサイクル楽器

その名が示す通り、廃棄処分待ちとなった中古のプロパンガスのボンベを再加工することで楽器として生まれ変わります。

プロパノータとは、
「プロパンボンベ+ノータ(スペイン語で音の意味)」
を組み合わせた造語です。

「これはあなたが考えたオリジナルの楽器?」と、よく質問されますが、いくつかのものはオリジナルと言えても、根本的に私自身が考案した楽器ではありません。

2007年前後に世界各地で同時多発的に作り始める人が現れたと思います。

リンク - プロフィール