葛飾区立石 ココリエにて

プロパノータ wrote

事後通知ですが6月19日、工房のある葛飾区立石にある「Cafe&lounge COCOLIE」さんにてちょっとした演奏をさせていただきました。

cocolie

 

こちらのお店は以前は立石駅前にあったそうですが割と最近移転してきたそうで、僕が良く利用するホームセンターのちょうど向かいにひょっこりと登場してました。

間口も開放的でちょっと立ち寄ってみたところ、お店のスタッフの女性(チエさん)が最近まさにハンドパーカッションに興味があるらしく、そんなこんななことの運びでサササササッとイベントを企画してくれたのでした。センキュゥ!!!

 

他に地元でキャンドル作りをされている方も交え、夕方は子供たち対象にキャンドル作りやプロパノータなどの打楽器体験。その後暗闇を演出するキャンドルに囲まれ演奏。

 

月曜日だしお知らせから間もなく、お客さんは来るのかなぁと思っていましたがお店のおかげで想像以上のお客さんに足を運んでいただけ、賑わいのあるひと時を過ごせました。これまたセンキュゥ!!

お越しくださったお客様、月曜休みにもかかわらず開けてくれたオーナーのリエさん、休み返上のスタッフのアカネちゃんとユリちゃんありがとうございました。

 

当日はたまたまプロパンユーザーの方から工房にお邪魔したいとの連絡があり、そのまま演奏に引っ張り出してしまいました。

加藤さん、いきなりでしたがありがとうございました。

 

前半はしっとりとプロパノータやその他音の小さな打楽器の演奏。後半はお店のチエさんにギターで参加してもらいその横でいわゆるパーカッションを演奏するといった心づもりでしたが、チエさんのギターと歌がビツクリなほど素敵だったので、それを壊さぬよう脇役を心がけました。こういった立ち位置が叩くほうにも一番身が入る。

 

子供たちに自慢するためたくさん楽器は持ち込んだものの、夜の演奏で使う予定だった肝心のプロパノータを忘れ、お店のチエさんからは「スガイさん、プロパノータ押しが弱いっ、弱すぎる」とお𠮟りを受けましたが・・・

仕方ないじゃんね、肝心のブツがないんだもん。。。

 

今までの藤枝では駅前に住んでいたこともあり、近所にはなじみとなったお店、飲み仲間やプロパノータで一緒に遊んでくれる友人もいましたが、こちらに来てからはサッパリでした。

たまにフラリと一杯やりに行くこともありましたが、注文以外は声を発せず黙々と飲んで終わり。

混雑を避け小さなお店に行くことが多く、店主も暇そうだったりしても何の声掛けもしてこない。。。

そんな時は、いつも「もったいなのぅ」「損してるのぅ」と感じていました。

特におしゃべりを求めているわけではないですが、お店の方とのちょっとしたやり取りで1杯だけのつもりが2杯になったりするのにその機会をみすみす逃してちゃぁ、「しょ~がねーやな、それじゃ商売上手くいかねーべ」と、宣伝放置でチャンスを逃すままにしている私が生意気にも思うワケです(人の商売にアレコレいうのはとっても簡単だし楽しいネ。ワシもひとからさんざんアドバイスされます。が、何一つできてないけど・・・)

その点、ココリエさんはひとりモンでも気を使ってくれて、結果、今回のイベントへと発展しました。

 

恥ずかしながら、今回も例により一枚も写真は撮りませんでした。

昨今、写真をSNSなどにあげ色々な方に見てもらったりすることはある種欠かせない活動だとは理解しています。僕もそんな場面を見て実際に行動することは多いですからね。

まぁ~、しかし、実際にその場にいた人たちが重要だし、自分自身では全く興味のないその場面を撮るのも気が進まないし。。。といった屁理屈をこねくり回して大事な大事な宣伝の機会損失を繰り返すのでした。

 

写真はね、興味あるのです。見ているのも好き(そこら辺の人がスマホで撮ったのを「見て見て」なんてのはご免こうむりたいが)。

街をぶらぶらしながら趣のある建物や街角のひとコマなんかを撮りたいなぁとは思うのですが、こうなるにはまだまだ先のお話しだろうなぁ。。。。。。。。。。