528ヘルツ

プロパノータ wrote

2月上旬に参加したライブではジャンベをぶっ叩きました。

そのイベントのオープニングが「クリスタルボウルとプロパノータ」の合奏でした。

 

合奏と言ってもクリスタルボウルは528ヘルツの物一つだけで基本的には「コ~~~ン」という音のみ。

後はプロパノータがリズムや他の音を入れていきました。

 

その時に使ったプロパノータがお客様からの希望で「528ヘルツ」入りの物でした。

 

実際、その時に初めてクリスタルボウルと合わせてみたのですが、528ヘルツの同じ周波数同士の音が重なると、とってもきれいに調和しました。

僕も叩きながらちょっとビックリ。

 

大きさ的にはクリスタあるボウルの方が大きく音量もありますが、プロパノータ、全く引けを取っていなかったと思います。

 

P6タイプでしたので、他の音も使ってみましたが違和感がない音、また「コレは違うな」という音も含め、かなりの手ごたえを感じました。

コレは違うという音も、あえて使うと面白い。

 

フムフム、なかなかやるなプロパノータ!って感じ(笑)。

 

絵を描く方の個展で、写真はその方本人がペイントしたものです。

 

当初の色は焼き上げたもので、その後ペイントされました。

全体がきれいな深緑に塗られ、各音板に別のカラーが施されていました。

恐らく油絵具だと思うのですが、ムラなくこんなにきれいに塗れるのですね。。

最終的にはもう一度焼き付け塗料の「クリアで仕上げて頂戴な!」とのことで、クリアを塗り180度で焼き上げました。

 

高音でペイントがどう変化するのか未知数でしたが「やってみようヨ」と仰ってくださいましたので、遠慮なく。

結果、各音板のオレンジなどの色が飛んでしまいました。。。。。

クリアによってテカリ感は出ましたが、最初のマット感は無くなりましたね。