楽器初心者でも簡単です

プロパノータ wrote

楽器が出来ると楽しそうだと思う方は多いと思います。

また、趣味として始めてみたいということの中で、楽器は上位にランクインしているとの記事を見かけます。

確かに楽器が出来ると楽しそうだということは間違いないと思いますが、こういった統計記事は恣意的な部分も多いでしょうからね。編集する視点、角度によってデタラメな結果を結果を出すことは造作もないことでしょう(全く持って天邪鬼な受け止め方ですが・・)。

 

そうは言いながら、確かに何らかの楽器が出来れば楽しいことは事実です。

 

一人でも楽しいし、誰かと一緒にやればもっと楽しい。

運動と違い余り体力にも左右されないし、一生遊べる分野とも言えるでしょうね。

 

恐らく楽器に興味がある方は、その辺りの事は十分に踏まえていると思いますが、それでも新たに楽器を始めるということのハードルは高いと思います。

 

僕が思うハードルの一番はやはり習得できるかどうかじゃないでしょうか。。。

他にも「高い」「練習場所がない」「楽譜が読めない」などなど挙げれば切りがないかもしれません。ごもっとも、ごもっとも。

 

僕が作っているプロパノータという楽器はその辺りのハードルは低いのではないかと思います。

 

「高い」かと言えば楽器として特別高価ではないでしょう。

 

「練習場所」。

家で十分練習できます。なぜなら他の楽器と違い「小さな音を出すこと」が一番の練習になるからです。

実際小さな音って、普通に叩くよりもよっぽど神経を使いますよ。

 

「楽譜問題」は僕も楽譜は読めないので「既存曲を演奏する」には苦労しますが、適当に叩いていても十分気持ちがいいので、それだけでも止まらなくなります。

 

元々この手の楽器はどこかの音楽文化にのっとったものでもありませんし、「正しい奏法」というものが存在しません。

完全に自由な楽器だと思います(しかし自由って案外難しい部分もありますがね)。

センスがあるかないか?そんなものは必要ない!

やっていれば誰だってうまくなります。

 

僕はプロパノータという楽器の製造販売が仕事ですが、それよりも大切にしたいことは打楽器の楽しさをお伝えすることです。

 

そんなことを友人に漏らしたりすると

 

「そんなこと言っちゃだめだよ。もっとプロパノータを押さなきゃ」

 

と言われたりしますが、僕の中ではやっぱり「プロパノータ>打楽器」ではなく「打楽器>プロパノータ」なんですよね。。。

これは別にプロパノータの魅力が低いというわけではありません。

ですが僕自身「何よりもプロパノータが一番好き」と断言できるわけではありません。

各楽器それぞれに甲乙つけがたい魅力がたくさんあります。

地味かもしれませんが振るだけのシェーカーが一番好きじゃないかと思うこともありますし、もしどれか一つ選べと言われたらシェーカーを選ぶかもしれません(選ぶ理由は何よりチッコくて楽。もちろん楽しい)。

*シェーカーは軽く見られがちですが実はリズム(グルーヴ)の核を左右するほどの重要な存在ですよ。

 

プロパノータは音階が少なからず付きまといますので、他の打楽器のように何でもかんでも「リズムさ合わせていれば良い」とはいかない部分もあります(ミュート奏法や付箋奏法など打楽器化してしまえば問題ないかもしれませんが)。

それでもその響きと音世界は他にはない魅力があるのは事実です。

初心者の人が演奏しても十分聞けるのはその音色のお陰です。

 

ご購入者の大半が、またクラフト市などで楽器未経験の方が初めて見て購入されるのは、その響きに魅せられてということが理由でしょうからね。

 

そんなわけではありますので、これから何か楽器を始めてみたいという方、プロパノータをぜひ候補の一つに入れてみてください!

 

もちろん「打楽器」でも良いと思うヨ!

 

いやいや、やっぱり何よりもやりたいことをやるサ!