ヘムスロイドの杜まつり&クラモノ

プロパノータ wrote

19,20の「ヘムスロイドの杜まつり」お陰様で、とてもたくさんの方に触れていただけ、おまけに多くの方々がご購入もしてくださり誠にありがとうございました。

主催者の皆様、大盤振る舞いの交流会まで用意していただきありがとうございました!

交流会は500円でほぼ飲み放題食べ放題だったような感じでしたが、薄着だったので寒くてたまらず交流もままならず、すぐに引き上げてしまいました。。

 

初日は雨こそ降らなかったものの肌寒く、どんよりとした一日でしたが2日目は暑いくらいに晴れ渡りプロパンブースは終始賑わいが絶えませんでした。

 

2日目の設置段階でテントのホネがポキンッと折れちゃったので、2日目はテント無し。。レイアウトも変えたところブースの境が不明瞭になったためか、アッチから、今度はコッチから、しまいにゃソコから来たか、というように、ぐるさんぐるさんお客さんが現れました。

 

当初は放任していましたが、ひとたび子供たちが叩き始めるとどんどん他の子も叩き出しカオスになりかねなかったので、隙を見計らってはこっそりとバチを減らしていきました。。。あんまりカンカンされて周りのブースの方にも迷惑が掛かってはいけませんからね(一応優しく叩いてとは言っているのですが・・・)

そうするとジ~ッとみている子供の中から意を決して「叩かせてください!」と言ってくれる子が出てきて(それがまたカワイイわけ)、オッサンはホイホイとバチを渡してやるのでした。

 

前回の新開地音楽祭は音楽をやっている人や楽器に興味がある人に見てもらい、あわよくばもちろん買ってもらえればとの期待は当然ありました。

今回のヘムスロイドは特にそういった期待はしていませんでしたが、予想に反しての大盛況。

大半(というよりもご購入者のすべての方かもしれない)の方々は特に音楽をされているわけではないようでした。

皆さん「音がきれいだから」「照明にもなっておしゃれな感じがする」etc・・そのような理由からお買い上げくださったようです。

 

加えて意外だったのが、割合的に若い方が多かったということです。

今までは割とご年配の方のが多かったですからね。

 

僕はどちらかと言えばあまり積極的に売り込むことはしません。

なんとな~く、声をかけたり説明はもちろんしますよ。

表面的にはそんな感じですが内心では「この人は買ってくれるんじゃないかな」と大いに期待をしたりします(そりゃ当然だよね)。

今回も何組か「こりゃぁ、買うでねぇかな」という方々がいましたが、結局はそのまま去って行ってしまいました。。。

 

売るのが上手な人はそこで「ポン」と後押ししてくれるような一言を掛けてあげられるのかもしれませんが、ワシにはそれはなかなか難しいねぇ。。

考え方の中に「人様にお金を使わせる」ことへの罪悪感的なものを感じているからだと思います。

例えばひと昔前の価値観、プロ野球の長嶋選手や王選手が年棒アップを求めることへの罪悪感や「お金を稼ぐこと」にたいするダーティなイメージ。そんなものが自分の中にもあるのだと思います。

 

しかし何らかの商品を「買う」ことでその人が喜んだり、幸せになるのなら、当然ですがそれはその人自身のためにもなるわけですよね。

プロパノータはインテリア的な要素もある単なるモノですが、音を生み出す「楽器」です。

今回のように楽器未経験の方が手に入れ、それがきっかけとなり「音楽」や「演奏」することがより身近になるのであれば、それはつまり自分が掲げている目標そのものです。(本当はここでは使命と言わねばならぬとこですね。モアベターなのばミッション・・・)。

 

ところで今回ご購入下さった方々、参考までにプロパノータで遊ぶ際の「一助」というほどではありませんが、こんな感じで十分でないかな。。という過去のブログを貼り付けてみます。

 

叩くということ

小さな音の効用その①

小さな音の効用その②

楽器の向き

 

 

さ、そこで次回のクラモノ。「じゃんじゃん売り込んだるでぇぇぇぇ」となるのか??

しかし、そんなことより目に見える問題はテ・ン・ト。あぁ煩わしい。。。

 

 

今週末は栃木県

ぶち壊れたテントをどうしようか悩みます。。

だいたいカインズの自社生産の安物ってすぐぶち壊れたり、使い物にならなかったりと今までも何度かそういう経験があったのですが、ついつい買っちゃうだよね。。

今週末でいったんはクラフト出店はお終いだし、テントのことで悩むのが煩わしい。。(テント自体が邪魔くさい)

 

前回の新開地では雨の中、テントをやめてずぶ濡れ。

この時期でも晴れていれば暑いかもしれませんが、ワシは炎天下も特にどうってことなし。これも花火屋さん時代のお陰だろうねぇ。

花火大会のほとんどは夏ですし、基本的には日を遮るものがないだだっ広い場所が会場。炎天下にさらされるわけですからね。

もう十分慣れました。寝不足だろうが腹が減ろうが喉が渇こうが熱中症になることはないかもしれない(でも過信はしてません。体力は年々落ちて当然ですからね)。

だいたい面倒なことは先送りにする性格。テント無しになる可能性が一番高いかも。。。

それもイヤだけどなぁ。パラソルにしようかなぁ・・・