プロパ・ドゥとは

ツボです・・・

「プロパ・ドゥ」も「プロパノータ」と同じく、ガスボンベから作られます。
本来は西アフリカのナイジェリア・イボ族が使っていた楽器で陶器でできています。

一般的には「ウドゥ・ドラム」または「イボ・ドラム」と呼ばれています。

一説には現地で楽器として使われていた「ツボ」をヨーロッパのメーカーが(おそらくドイツのシュラグベルグ)楽器として世に広めた、と、聞いたことがあります。

見た目そのままに「壺」なのですが、表面に穴が空いており、その穴をたたくと「ボワァン・ボワァン」と面白い低音が出ます。
また首の部分にあたる穴を閉じたりして音を変化させたり、ボディをたたいて乾いた高音を出したりします。

単純ですが、叩いているととても気持ちの良い楽器です。プロパノータを目当てに作業場に来られた方も、「プロパ・ドゥ」の音に結構ハマっていきます。

「ウドゥ・ドラム」は実はかなり多くの曲の中に使われているのですが、とくに目立つわけでもなく主役となることもないため、そして陶器で取り扱いも繊細なことから、その魅力的な音とは反対に非常にマイナーな楽器です。

グラスファイバー製の物もありますが、低音のふくよかさは陶製に比べ劣っていると思います。その一方で高音は「コンコロ・コンコロ」と気持ちの良い音ですね。
ちなみに陶製、および「プロパ・ドゥ」の高音は「カンカラ・カンカラ」という感じです。

音に関しては個人差が強いので、良し悪しは言い切れませんが「プロパ・ドゥ」は陶製の音に近いです。

また、何と言いましても「鉄製」ですので「壊れることがない」ということはとても大きなメリットです。

この「ウドゥ・ドラム」もガスボンベにたどり着くまでには苦労しました。焼酎の壺に穴を開けようとしたり、型を作って斥候を流し込んでみたりしましたが、いずれも失敗に終わりました。

「ウドゥ」はただの壺なのに値が張るので、なかなか買う気にはなれなかったのですね。。。