プロパノータ wrote

プロパノータとは?

ひとことで言うとリサイクル楽器です。

その名が示す通り、廃棄処分待ちとなった中古のプロパンガスのボンベを再加工することで楽器として生まれ変わります。

プロパノータとは「プロパンボンベ+ノータ(スペイン語で音の意味)」を組み合わせた造語です。

「これはあなたが考えたオリジナルの楽器?」と、よく質問されますが、いくつかのものはオリジナルと言えても、根本的に私自身が考案した楽器ではありません。

2007年前後に世界各地で同時多発的に作り始める人が現れたと思います。

私も単にそのうちの一人で、この世に登場してまだ数年というまったく歴史のない楽器です。

そして各製作者がそれぞれに名前を付けています。

 

どんな楽器?
  • よく響く、澄んだ音
  • 鮮やかなカラー
  • 演奏が簡単で、未経験でも、楽譜が読めなくても自由に楽しめる
  • 見た目がカワイクて目立つ

始まりは・・・

「どこの楽器?」とよく聞かれますが、そのような登場の経緯からも、いったい「いつ、誰が」というのは私にもわかりません。

切込み板をたたくドラムの総称を「スリット・ドラム」または「タン・ドラム」などと呼びますが、木製のスリット・ドラムは古来より世界の各地に存在していましたが、金属製のものはどこにもなかったのですね。

2000年前後にスイスの二人組が発明し、世界的に広まった「ハング・ドラム」、またはカリブ海に浮かぶ島国トリニダード・トバコ発祥のドラム缶楽器「スティールパン」からヒントを得て作られたのではないかとも推測しますが、定かではありません。

もっとも鉄を素材にした造形作家の方の中には、もう何年も前から「オブジェ」として同様のものを制作されたりもしています。

 

イメージ - プロパンボンベ⇒楽器

 

プロパノータの音階

音階は、基本的に「C調」の「ドレミファソラシド」一種類、低音タイプから高音タイプまで3オクターブの実現を目指しています。

ピアノでいうところの「白鍵」「黒鍵」は別々の円盤にしていますが、2つあれば基本的にはすべての音階に対応できます(音域の問題でどんな曲でも演奏可能というわけではありません)。

 

とは言え音の配列もピアノのように横に規則的に並んでいるわけではないので、即興的な使い方でも問題ありません。

また音のミュート方法や、簡単装着のスタンドなど、様々なシーンでの使い勝手の良さも追及しています。

まだ登場して間もない楽器でもあり、未完成な部分と同時に、大きな可能性も秘めている楽器だと思います。