秋のイベント終了

プロパノータ wrote

先日の「デザインフェスタ」でひとまずこの秋に予定していたイベント出店は終了いたしました。

デザインフェスタでもとてもたくさんの方に楽器に触れていただきまして、誠にありがとうございます。

 

先週の「frue」に続き今回の「デザフェス」でも僕としては十分な売り上げが立ち、もう少々生き延びれそうです(笑)。

 

デザフェスでは何となく楽器というよりもインテリア照明としてアピールしてみようかと思い「暗いエリア」での出店を申し込んでみました。

 

聞いたところでは普通の明るいエリアはお客さんでごった返し、ステージイベントなどの音も響き終始賑わっていたそうです。

今回はそれこそブースから一歩も出ず(トイレットにも行かなかった)。。。他の人達のモノも見てみたかったけどね。

 

一方の暗いエリアでも明るいエリアほどではないにしても、じゅうぶん過ぎるほどの賑わいでしたよ。

大音量で音楽が流れていることもなく、僕としては良い選択だったのではないかと思っています。

プロパノータの音色を良くお伝えすることが出来たんじゃないでしょうか。

お客さんがそっと叩いていると、通路を歩いている人たちがそれをじっと見て聞いている場面が何度もありました。

デザフェスでは出展者は作品の見せ方に相当知恵を絞っているそうですが、楽器は音でお客さんにアピールすることもできるのでその点は有利かもしれませんな(もちろん逆に働く場合もあるけれど)。

でも楽器で出店している人はほとんどいないようですが。

 

それにしてもさすがデザフェス。

そこかしこにコスプレや仮装姿のお客さんが跋扈していました。みんな楽しそうで良いよね。

プロパンブースにも一人(一頭?)面白い人(ケモノ?)が来てくれました(他にも来てくれたけど印象深かったので)。

アリクイのような被り物を被って、かぎ爪のついた分厚い手袋をはめ(洋服は普通)ノソノソと物色しているそのサマがやけにアリクイだかナマケモノだかのリアル感が出ていて笑っちゃいました。。本当はなんかのキャラかもしれないけど、ワシ知らんでね。

「写真を撮りたいなぁー」と思ったんだけど、案の定撮らず終い。。。

次からはなるべく写真を撮れるよう努力します!!

 

デザフェスが始まったのは1994年だそうで、ワシはそのころ確か大学生くらい。

見本市の会場設営のバイトなんかをしてたりしたので、デザフェスにも1,2度見に行ったことがあったかな。

いつもデザフェス出店を思い立った時にはすでに募集期間が終了していたので、今回が初参加でしたがオモシロカッタアルヨ!

出来ればまた出店したいですね。

 

春や秋は野外のイベント盛りだくさんですが、天候にも大きく左右されるし、参加したからといって必ずしも嬉しい結果が出るわけではないけれど、やっぱりいろいろな人と話が出来て楽しい。

またなるべく外に出ていきたいと思いますのでよろしくお願いします。